スポンサー広告 > 出会い系マスターのヤリチンが体験した怖い話
体験談(男性) > 出会い系マスターのヤリチンが体験した怖い話

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出会い系マスターのヤリチンが体験した怖い話

20140207_01.jpg


1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/21(水) 00:52:36.94ID:1Y6YJnzT0
需要ある?




14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/21(水) 00:55:24.66ID:1Y6YJnzT0
需要あるみたいだな
書いてくか

俺が大学2年の時の話。
工学部で女は少なかったが同級生食ったり
出会い系サイトでJKとか美容師さん食ったり
合コンやったりクラブ行ったりマルジェラ着たりして調子くれてた



19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/21(水) 00:57:38.04ID:1Y6YJnzT0
出会い系サイトでぽっちゃりだけどいい?って子が見つかった。
写メくれって言ったんだけど恥ずかしい///って言うから、まぁ食えるだろってことで
エロメールしながら期待してた。

その日俺はビデオレンタルでバイトだったのでビデオレンタルの駐車場に待ち合わせってことにした




24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/21(水) 01:00:08.16ID:1Y6YJnzT0
もう夜の11時で真っ暗。
駐車場にはたくさん車が泊まってるわけよ

『たーくん、着いたよ。黄色の軽自動車だよ(^^)Noはxx-xxというメールをチェック』

車を発見したが、中の室内灯はついておらず、よくあるドム引き当てた話を思い出した。
だが、このまま待たせるのも失礼かと思って助手席をバコっと開いた




28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/21(水) 01:02:36.33ID:1Y6YJnzT0
俺「よぉ。待った?」

小錦「・・・・ぁ・・・・」

まじで150キロは超えているであろう当時のお袋くらいの年齢の豚がいた。

俺「・・・・・」

ここでスゲー迷った。逃げるべきか、こんなの無理だ。
でも逃げたら電話番号もメアドもバイト先も知られてる。
こいつは近所に住んでいると言っていた。どうする
逃げたらやばいか。でも・・・




32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/21(水) 01:05:04.21ID:1Y6YJnzT0
風俗で豚がきてもチャンジできないヘタレな俺は相手を傷つけることができず
助手席のドアを閉じた。


小錦「・・・・」
俺「あは・・・こんばんわーwwこれからどうします?」
小錦「・・・・」



おいおいなんかしゃべってくれよwwwwwwwwww


そのまま10分くらい音楽もなってない、室内灯もついてない車で無言




35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/21(水) 01:07:18.73ID:1Y6YJnzT0
小錦「・・・・車走らせていい?」

俺「あ!?・・・どうぞ!どこ行きますかねぇwwww」

車をぶおーーーーんと走らせる小錦
急に音楽が鳴り始めた。当時流行っていた?BOAのアルバムだった。


俺「ど・・・・どこ行きたいですか?・・・」

小錦「・・・・・」


しゃべってくれよーーーーwww
そのまま20分くらい無言で車を走らせる小錦




37:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/21(水) 01:09:51.62ID:1Y6YJnzT0
気づいたらなんか車が上り道ばかり走っている。

俺「・・・・?」

なんか山道・・・じゃね・・・これ・・・
しかも全然車ないし・・・ど・・・どうしよう・・・


そのままどんどんどんどん山道を登っていく

車は他になく、ライト等もない。真っ暗。シーンとしている
街からはうんと離れてしまっている。



こ・・・殺される




45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/21(水) 01:11:23.81ID:1Y6YJnzT0
そのまま山を登りきり、林の中みたいな所で停車した。


俺「・・・・・」
小錦「・・・・・・・・」


俺「・・・・・」
小錦「・・・・・・・・」


俺「・・・・あ」
小錦「下りて」

バク!!と心臓がなるのがわかった




47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/21(水) 01:13:20.34ID:1Y6YJnzT0
小錦「こっち・・・」


小錦について一緒に歩く俺。
林をどんどん抜けていく。
そして着いたのは




俺「あ」

今まで見たことがないくらい綺麗な夜景がそこにはあった。
住んでいた街がキラキラと輝き、エレクトリカルパレードを彷彿とさせるものであった




50:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/21(水) 01:15:19.74ID:BJbYbhE5O
>>1はGEOで待ち合わせしたか?




53:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/21(水) 01:16:14.21ID:1Y6YJnzT0
>>50
なんで知ってんの?




54:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/21(水) 01:16:40.81ID:8xXK4K3Y0
>>53
小錦です




59:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/21(水) 01:17:21.74ID:1Y6YJnzT0
>>54
やめろよwwwwまじびびったがwwwww




51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/21(水) 01:15:20.77ID:1Y6YJnzT0
小錦「ここ特別な場所なの。一緒に来たいと思って」

俺「そうだったんすか・・・・すごいっす・・・」

マジで感動しちゃって泣けてきた。


そのまま自分の大学の話、小錦の昔の話。東京で昔は働いていたらしい。
音楽の話、映画の話、そんなとりとめもない話題を俺達二人はゆっくりと噛み締めあった




66:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/21(水) 01:19:25.28ID:1Y6YJnzT0
俺「寒いし。そろそろ行きましょうか。」
小錦「いいよ。」


そこからは心は落ち着いていた。なんだ。殺されることはなかったんだ。
良い人じゃないか。このままバイト先まで送ってもらおう。

と、思っていた。





小錦「どこのホテルがいい?」




76:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/21(水) 01:22:57.59ID:1Y6YJnzT0
俺「え!?」

小錦「だって・・・溜まってるんでしょ?おちんちん。若い子って何回できるのかな。」



え。まてまて。なんでそうなる。
とてもじゃないがこんなの金もらっても耐えられそうにないぞ


そこでよくよく思い出してみた
『君ってぽっちゃりなんだwふとももに肉ついた子タイプですwおまんこさせて^^』
『こんなあたしでよかったらいいよ~^^;がっかりしないでね(T_T)』

あ!




80:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/21(水) 01:26:08.29ID:kV/XpiC40
かわいがりだっけ?




83:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/21(水) 01:26:43.42ID:1Y6YJnzT0
思い出してみたら無差別にエロい内容のメールしてたからこいつも誘ってたんだった・・・

どどうするどうするどうするどうするどうするどうするうするどうする
傷つけたくない。今まで生きてきて女性からの誘いを断ったことなど無い。
チェンジなんて失礼すぎて言えない。相手の傷ついた顔を見るのが耐えられない。
俺はずっといじめられっ子だったから人を傷つけることがどうにも難しい。
でもここで断らないと地獄を見ることになる。
どうするどうする

覚悟を決めろ!!!!!

俺「あ。メールじゃあんな事言ってましたけど、今日はやっぱりやめときましょうよwww
  体調も悪いしwwwいきなりホテルっていうのもどうかと思いますよ」

言えた!!!




90:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/21(水) 01:33:35.09ID:1Y6YJnzT0
小錦「は!?何いってんだ糞ガキ。てめーあたしの顔みてから考え変えたろ!
    てめーみてーな若いやつは女を顔で判断するよな。人間は顔じゃねーんだよ!
    殺してやろうか。なぁ。
    おい。ヤリチン。てめーバイト先割れてっからな。
    一番手前のレジにいたよなお前。どうしてくれっかこいつ。
    
    
    なぁ 聞いてんのかよー!!!!!もしもーーーーーーし!!!!!」




俺「・・・・・・・・・!!??」




92:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/21(水) 01:35:18.12ID:8saFh1UN0
小錦こえええええ




93:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/21(水) 01:35:36.58ID:PvgzEDFL0
こわすぎ




98:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/21(水) 01:37:21.41ID:1Y6YJnzT0
顔っていうか顔もだけど体型のがインパクトあったぞ・・・こいつペルソナとりやがった

俺「ごめんなさい。」



小錦「ごめんなさいじゃねーんだよ!てめー知り合いの男おめーのバイト先にけしかけるからな
    逃げられると思ってんじゃねーぞwwwwおいwwww泣いてんのかwww
    だいたい最初からわかってたんだよ。逃げることくらいなwwww
    
    聞いてんのかコラ!!!!!」


俺「すみませんでした。・・・・グス」


小錦「置いqw4ンポtヴあおs9rjごくぃんへjwrが4えおhcgのあいshrぎおはcsんろ;ghかんろいgのああsrgh
あこいrhごあchrのrgのc;あいsrへご;あ8ryがおrgな;おsgこあhrがおいchsrごちゃ;そぢgは;こしrhg
ざそrgほあcrwhgのか8hんcご8hんうぇおgはおえghなこw8hgのあc8h4ご8はcのg8はcの8hgcなお8ghのw
歯歯歯はアハハはっは葉葉葉葉葉葉葉葉葉葉葉葉葉葉葉派刃端端」




104:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/21(水) 01:40:35.72ID:1Y6YJnzT0
気づいたらホテルが多い飲み街みたいなとこに向かってた。
そこでピンサロよく行ってたからなんとなくわかった。


逃げるなら今しかない

ビビリでいじめられっ子の俺は意を決した。
赤信号で止まった瞬間にドアを乱暴に開け
中3の体力測定以来の本気のダッシュで一気に駆け抜けた。




111:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/21(水) 01:44:37.24ID:1Y6YJnzT0
俺「ごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさい」


俺はつぶやいた。初めて女性を傷つけてしまった。本当に申し訳なく思った。
これは彼女自信を否定したに等しいと思った。

携帯「prr・・・・prr・・・prr」

ビク!!??!?
とてもじゃないが見れない。後で着信拒否しよう

携帯「prr・・・・prr・・・prr・・・・・・・・・・・・・・・・prr・・・・prr・・・prr・・・・・・・・・・・・・・・・・prr・・・・prr・・・prr・・・・・・・・・・・・・prr・・・・prr・・・prr・・・・・・・・・・・・・・prr・・・・prr・・・prr
・・・・・・・・prr・・・・prr・・・prr・・・・・・・・・・・・・・・・・prr・・・・prr・・・prrprr・・・・prr・・・prr・・・・・・・・・・・・・・・・prr・・・・prr・・・prr・・・・・・・・・・・・・・・・・prr・・・・prr・・・prr
・・・・・・・・・・・・・prr・・・・prr・・・prr・・・・・・・・・・・・・・prr・・・・prr・・・prr
・・・・・・・・prr・・・・prr・・・prr・・・・・・・・・・・・・・・・・prr・・・・prr・・・prr」




113: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 :2012/03/21(水) 01:45:15.76ID:L3wZYjgu0
>>111
怖いww




112:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/21(水) 01:44:56.62ID:UwTbVqIl0
お…おい




119:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/21(水) 01:48:40.57ID:1Y6YJnzT0
すごい時間かかったがバイト先までついた。

あの黄色の車は・・・!?
まさか追っかけてきてないよな・・・


キョロ・・・キョロ・・・
必死で駐車場を凝視する俺


俺「・・・・・・・・ふぅ」

よかった。そこまで粘着はしてこないよなwww助かったwwww

そこでもう関係ないと思った俺は携帯を開いて小錦の罵詈雑言を受け止めようと思った




129:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/21(水) 01:52:06.15ID:1Y6YJnzT0
『ごめんなさい。たーくんを傷つけるつもりなんてなかったの。
 話してみたらすごく話やすくて、優しくて、心がすごく満たされた。
 一緒に見た夜景綺麗だったよね。あたしもいつも見てるのに
 すっごく感動しちゃった^^たーくんと一緒に見たからかな。

『また会いたいよ。この埋め合わせしたい。
 バイト先、行ってもいいかな?』


『お願いだから返事ください。待ってます』


『たーくんのこと好きになっちゃった』

『どうしたら許してくれるの?』




140:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/21(水) 01:56:23.10ID:1Y6YJnzT0
怖くなった俺はメールを全削除。
メールを着信拒否に設定した。



なんとかなったか・・・親にバレたりしたら生きていられねーからなwww
助かった・・・もう出会い系やめよ


自転車でアパートまでの道を走る。

夜景は綺麗だったなぁ・・・久しぶりに感動した。そこんとこありがとう!


ビデオレンタルの近くのサイゼリアの駐車場にあの黄色の車があった




143:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/21(水) 01:58:25.61ID:Q4NJvxvaO
この後タイトなジーンズに捩じ込まれたわけか




149:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/21(水) 02:00:46.18ID:1Y6YJnzT0
>>143
ワロタwwwwwその曲車でかかってたような記憶あるぞwww











その後、バイト先にも現れず。別の携帯からの連絡もありませんでした
おわり




145:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/21(水) 01:58:56.52ID:1Y6YJnzT0
ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ
あああああああああああああああああああああああああああああああ
いやあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ
あああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ
あああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ


競輪選手バリに逃げまくった。
後ろを振り返ることなく。
もう前しか見えない。
前だけ向いて生きていこう。
胸をはって、まっすぐに


アパートについた。




148: 忍法帖【Lv=23,xxxPT】 :2012/03/21(水) 02:00:26.79ID:/kT7NH+z0
続きはよ




155:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/21(水) 02:02:10.37ID:Nq4jO5Nj0
ピンポーン




157:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/21(水) 02:02:24.30ID:UcZu6wLo0
え?




160:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/21(水) 02:02:42.21ID:1Y6YJnzT0
ごめんて

こっから盛ってもよかったんだけど
実話を話したかっただけなんだよ




162:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/21(水) 02:03:21.58ID:oTwQTDZ+0
これがゆとりの考えた精一杯のオチか…




170:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/21(水) 02:06:21.48ID:1Y6YJnzT0
>>162
ゆとりじゃねーぞww今28歳だコラ

こんなんじゃまとめ乗らないかな
載せるならここだけ紫色にして




177:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/21(水) 02:08:45.47ID:1Y6YJnzT0
あースッキリしたわ


今度は大好きだった声優さんにやっと会えたと思ったらブチキレられた話」

ってのを書く予定だから。見つけたら遊びにきてね




178:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/21(水) 02:09:10.89ID:MGs57ocI0
>>177
何気に期待しとく




188:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/21(水) 02:18:01.11ID:1Y6YJnzT0
んじゃあ人もいなくなったみたいなので
ここらで落とします。

ありがとうございました。




190:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/21(水) 02:19:26.51ID:oTwQTDZ+0
こんなスレ載るわけないだろ
28でこんな駄スレしか立てられないとかゆとり以下だろ





アフィリエイト

ハッピーメールバナー

※無料サイトを複数登録して、ピュア掲示板書き込みがポイント!
↓登録料無料の厳選サイト

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。