スポンサー広告 > ホモから学ぶ恋愛
体験談(男性) > ホモから学ぶ恋愛

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホモから学ぶ恋愛

20140417_01.jpg

1:名も無きひじき:2013/05/21(月) 03:13:28.60ID:sWalPxde0
人いるかね




2:名も無きひじき:2013/05/21(月) 03:17:10.62ID:2IUXKabK0
長い?




5:名も無きひじき:2013/05/21(月) 03:19:53.52ID:sWalPxde0
>>2
長い予定である上に書き溜めていない

他の人がどうなのかは分からんのだけど
俺の場合ホモ、ていうかゲイなのは生まれつきだった
だから小さい頃からテレビ見てこの男の人かっこいいとか宣ってしもうてたわけ

母親はそんな俺を気持ち悪がって、そういうことをいうと平手で吹き飛ばされた

ちなみに父親はいなかった
誰の子なんだか



4:名も無きひじき:2013/05/21(月) 03:19:00.64ID:HUBbzwG30
                | │                   〈   !
                | |/ノ二__‐──ァ   ヽニニ二二二ヾ } ,'⌒ヽ
               /⌒!|  =彳o。ト ̄ヽ     '´ !o_シ`ヾ | i/ ヽ !
               ! ハ!|  ー─ '  i  !    `'   '' "   ||ヽ l |
_______∧,、_| | /ヽ!        |            |ヽ i !_ ______
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄'`'` ̄ ヽ {  |           !           |ノ  /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
               ヽ  |        _   ,、            ! , ′
                \ !         '-゙ ‐ ゙        レ'
                  `!                    /
                  ヽ     ゙  ̄   ̄ `     / |
                      |\      ー ─‐       , ′ !


始めてくれ、後で見に来る。




7:名も無きひじき:2013/05/21(月) 03:23:27.94ID:sWalPxde0
俺はあっという間に人の顔色を伺って、空気を読んだ行動をする子供になってた
なので母親の暴力は無くなったけど、今度は母親の恋人に殴られるようになった
わがままを言っても殴られるけど、従順すぎても「気持ち悪い」と殴られる
その間、母親は俺のことが見えてなかったみたいだ




9:名も無きひじき:2013/05/21(月) 03:26:10.76ID:sWalPxde0
母親の恋人は時々うちにきていてその時間はランダムだった
県営住宅みたいなところに住んでたんだけど
一人で保育園から帰ってくると母親の嬌声が響いていて
それでも一人で黙っていたらあとで母親に殴られたのを覚えている





8:名も無きひじき:2013/05/21(月) 03:25:15.56ID:2IUXKabK0
いきなり辛い人生ワロエナイ・・
おやすみ




10:名も無きひじき:2013/05/21(月) 03:28:39.75ID:sWalPxde0
>>8
おやすみー

ある日帰ってくると母親の恋人しかうちにいなかった
そんなことは初めてだったので戸惑いつつも挨拶をすると
普通に挨拶が返ってきたことに驚いた
いつもなら無視か軽く蹴られるかのどっちかだった




11:名も無きひじき:2013/05/21(月) 03:33:11.94ID:sWalPxde0
母親の恋人は俺に手招きして膝に座らせた
そして俺に男が好きなのかと聞いてきた
そのことは話していけないと思っていたので
黙ったままでいると頭を小突かれて答えさせられた
母親の恋人は満足した顔でうなづいて
俺を外に連れ出した




13:名も無きひじき:2013/05/21(月) 03:36:12.27ID:sWalPxde0
車で30分くらい走ってついたところで
母親の恋人が車を降りて知らない男と話していた
途中から俺も顔を合わせてその男としゃべったけど何を話したのか覚えてはいない
そして建物の中に入った






14:名も無きひじき:2013/05/21(月) 03:40:31.03ID:sWalPxde0
その中は広い白を基調とした空間になってて
母親の恋人と俺はソファに座って男と話をした
ここでも見知らぬ男が好きなのかと聞かれて、また母親の恋人から小突かれて答えさせられた

そのあと部屋を移動してベッドのある部屋につれていかれた




15:名も無きひじき:2013/05/21(月) 03:44:23.58ID:sWalPxde0
ベッドに座ると若い男が隣に座ってきた
不思議に思ってると話をしていた男がビデオを回しながら話しかけてきた
基本的なプロフィールとかを話した気がするが
すまん、あんまり覚えてない

一通り答え終わると若い男に服を脱がされた
そして男も裸になった




19:名も無きひじき:2013/05/21(月) 03:51:23.46ID:sWalPxde0
詳しく描写はあれなので流れを書くと

フェラ→浣腸→ケツを舐められる→挿入

気持ち悪いし痛いしで最悪だったが
周りの大人が誰も怒っていなかったので
気持ちは安定してた

家に帰ると心配させるなと母親に叩かれたけど
そのあと抱きしめられたのを覚えている




20:名も無きひじき:2013/05/21(月) 03:56:10.99ID:sWalPxde0
数日後に保育園から帰ってくると母親と母親の恋人が喧嘩していた
もともと多かったので気にしていなかったが
その時のは深夜まで続いていて母親の涙声が印象的だった

朝は母親がまだ仕事から帰ってきておらず
いつも自分一人で用意して保育園に行っていたので
その日の朝、母親が布団に入っているのを見て何となく違和感を感じていた




21:名も無きひじき:2013/05/21(月) 03:56:31.80ID:qWfitIWv0
挿入って・・・
何歳の時?保育園以降の描写がないがまさか・・・




23:名も無きひじき:2013/05/21(月) 03:58:01.26ID:sWalPxde0
>>21
保育園の年長だった




22:名も無きひじき:2013/05/21(月) 03:57:31.77ID:sWalPxde0
保育園から帰ってくると母親はまだ寝ていた

朝と全く同じ体勢で




24:名も無きひじき:2013/05/21(月) 04:03:40.75ID:sWalPxde0
触ると冷たくて硬くて
呼んでも返事が無かった
いつもなら怒られるくらい呼んでいるのに

怖くなって逃げた
母親の偽物がうちにいるんだと思った
保育園まで逆戻りして先生に泣きついた
俺はそんなに泣く子供ではなかったので
きっと不審に思ったのか警察が呼ばれた




25:名も無きひじき:2013/05/21(月) 04:07:11.59ID:sWalPxde0
そこからはあっという間で
母親の葬式、恋人の逮捕、そして引っ越しでてんてこまいだった

あとで知った話だが、母親は俺が強姦されたことを何かの拍子にしったらしく
恋人との口論の末、殺されたらしい




26:名も無きひじき:2013/05/21(月) 04:10:23.50ID:sWalPxde0
その時の自分には悲しむことができなかった
そもそも悲しむべきことだと言う意識が無くて
ただ遠くで別のひとと暮らすことになっただけだと思っていたし
知らないひとに会いすぎて媚を売るのに疲れていたのもあった




28:名も無きひじき:2013/05/21(月) 04:20:35.41ID:sWalPxde0
俺は子供のいない伯母夫婦に預けられた
伯母は俺の母親をとにかく嫌っていて
当然俺のことも疎んでいた
しかし世間体的な問題で俺を預かってくれたようだった

そこでの生活はしかし思ったより楽なもんだった
初めこそ行儀の悪い俺(クチャラーで飲み込むようにすごいスピードで食べる、箸の持ち方も適当)を伯母は怒っていたけど
矯正されてからはほとんど干渉されないようになった




29:名も無きひじき:2013/05/21(月) 04:25:00.83ID:sWalPxde0
小学校に上がると俺はだんだん自分の見た目がかなり上の方だと(自画自賛すまん)自覚していった

学校では活発に、上級生や先生には媚を売る、家ではなるべく静かに
こうして生きていけば誰にも怒られず済むことに気付いた
女の子に告白されることもあったけど
何となく全部かわしていった




31:名も無きひじき:2013/05/21(月) 04:29:28.09ID:sWalPxde0
伯母は入学式だけ出てくれた

活発だというキャラに合わないと思ったから
毎年運動会では1人でご飯を食べていることを隠すのに必死だった

なるべく皆を信用しないように
そしてそれを出さないように生きていこうとしてた




32:名も無きひじき:2013/05/21(月) 04:34:51.58ID:sWalPxde0
高学年に上がってもそれは変わらなかった
ただ皆と盛り上がっている時にほんとは何も感じていないことに
罪悪感と違和感を感じていた
その違和感は何なのか分からなかった

小学校6年生になると文集委員というのがあった
小学校最後の年だけにあるこの委員になることは
ステータスの表れだった

当然俺は推薦され、計算通りに文集委員になることができた




33:名も無きひじき:2013/05/21(月) 04:38:16.27ID:sWalPxde0
文集委員の仕事はただの編集で造作もなかった

作業をしてる時、目に留まったのがランキングだった
「○○しそうな人」とかのあれだ

その中の一つ、「将来幸せになってそうな人」の一位が自分だった




34:名も無きひじき:2013/05/21(月) 04:42:31.16ID:sWalPxde0
幸せっていうのは漠然としていて人それぞれだと思うが
俺にはそもそも幸せっていうのがなんなのか分からなかった

仕事を人にやってもらえて楽だとか
ものをもらってどうやって使えば一番印象が良いか
そういうことしか考えていない自分には幸せというものが感じられる時がなかった




36:名も無きひじき:2013/05/21(月) 04:45:55.75ID:sWalPxde0
結婚することは幸せにはつながらないというのは
自分の境遇をみれば分かることだった

家族というのがよく分からなかったので
それも幸せには関係ないものとした



そうやって消去法で選択肢をどんどん消していって



最後に残ったのは金だった




37:名も無きひじき:2013/05/21(月) 04:49:23.21ID:sWalPxde0
幸せになりそうと言われた時点で
自分は幸せにならないといけないと無意識に刷り込んだ
だから金を集めなければいけなかった

その日帰ってきて見たテレビで俺は閃いた

体を売ろう!




39:名も無きひじき:2013/05/21(月) 04:54:04.20ID:sWalPxde0
ちょうどやっていたのは児童売春のニュースで
それが幼い頃の体験ともリンクした

まず伯母に携帯をねだることから始めた
自分で新聞配達をしてお金を出すといい、契約してもらった

そのあと、ゲイサイトで中学生と偽って
サポを頼んだ




41:名も無きひじき:2013/05/21(月) 05:02:54.47ID:sWalPxde0
サポっていうのはサポートのことね
金をもらってすることです

(一応)初めての相手は20代のサラリーマンで
割とかっこいい人だった(平岡祐太を崩した感じ)

予め初めてであると言ってあったので泊りですることになっていた
学校から帰ってきて着替えを持って駅に向かった
伯母には友達の家に泊まると言っておいた
車で迎えにきた相手は交換していた顔写メより優しそうで安心した




42:名も無きひじき:2013/05/21(月) 05:07:35.03ID:sWalPxde0
そのまま車に乗ってご飯をファミレスで食べた
そのあと何故か人気のない海に行って
まだ冷たい水をギリギリ触れないようにしながら
「きれいですね」と心にもないことを言っていると
後ろから抱きつかれた

相手のあそこがビンビンで背中に当たっていた




43:名も無きひじき:2013/05/21(月) 05:09:18.45ID:iAz+bSwEI
胸が痛い




45:名も無きひじき:2013/05/21(月) 05:10:38.62ID:sWalPxde0
名前を呼ばれて振り向くとキスされた
相手の中ではかなり盛り上がっているようだった
その状態で俺の股間に手を延ばしてきたので
ここでやるのかと焦ったが、流石に思い直したようで
車に戻りホテルに向かった




46:名も無きひじき:2013/05/21(月) 05:16:52.82ID:sWalPxde0
ついたのはラブホ

じゃなくて普通のビジネスホテルみたいなところだった

ディープキスで顔がベタベタになったのが気持ち悪くて
相手の服でさりげなく拭きながらお風呂に入ろうと提案した
これはもともと読んでいたたくさんの経験談から判断した
お風呂では体を洗いっこ()して
シャワートイレで浣腸をした




48:名も無きひじき:2013/05/21(月) 05:24:12.72ID:sWalPxde0
ベッドでまたキスをしながら相手のを言われるがままに触った
そしてオナニーとかセックスとかよく分からないという設定だったので
一回ということでテコキでいかされた
小4から猿のようにオナニーしていた俺はちゃんと演出の為に
一週間のオナ禁をしていたので相応の量が出た




49:名も無きひじき:2013/05/21(月) 05:30:14.69ID:sWalPxde0
そしてついにアナルに指が伸ばされた
ローションを垂らして指を一本入れられた
それだけでもう違和感と異物感でいっぱいだったけど
幸せのためだと思って我慢した

そのうち3本くらい指が入るようになって
ついに挿入されることになった

「やっぱり締まりが違う」と言いながら
腰を振ってくる相手に涙を見られないようにしながら
気持ちいいと叫んだ




50:名も無きひじき:2013/05/21(月) 05:33:23.11ID:sWalPxde0
その後も2回して最後は中に出された
ケツから精子がこぼれてきて気持ち悪かったが我慢するしかなかった

そうして5万円を手に入れた

そのお金は自分の部屋にしまっておいた
家全体の掃除を自分からやると言っておいたので
バレる心配はなかった




51:名も無きひじき:2013/05/21(月) 05:34:17.78ID:UdmhjHxR0
泣ける・・・




52:名も無きひじき:2013/05/21(月) 05:37:48.93ID:sWalPxde0
そうしてだんだんと経験を重ねて
同じ相手とも何回かしたり、中だしはプラス一万円などとお金を追加していったりした
この頃になると殆ど学校から帰ってきて
すぐに相手に出会い、9時くらいに帰るようにしていた
伯母たちは週に2、3回くらい12時を超えないと帰ってこない日があったので余裕だった




54:名も無きひじき:2013/05/21(月) 05:39:46.90ID:sWalPxde0
お金はどんどんたまっていって
それをみると自分が幸せになっているんだと感じられた
その金は一円も使わなかった




55:名も無きひじき:2013/05/21(月) 05:42:36.18ID:sWalPxde0
時々すごい金持ちのおっさんがいて
親がいなくて、預かってくれる人には嫌われてると話すと
10万くらいプラスしてくれた

お金が100万を超えてきたくらいに中学生になった




56:名も無きひじき:2013/05/21(月) 05:46:53.89ID:sWalPxde0
中学生になっても正直変わることはなかった
友達が増え、また新しくキャラを考え直す必要はあったけど
そんなに苦労することでもなく
順調に過ごしていた

が、そんな中で一番困ったのは部活選びだった
これだけは八方美人に終わらせることができないので
迷った挙句一番使えそうやつの多いテニス部に入ることにした
この選択を俺は後悔することになる




57:名も無きひじき:2013/05/21(月) 05:54:19.98ID:sWalPxde0
テニス部の先輩でゴリラ顏の先輩がいた
というかほんとにゴリラそのもので
横に動かすタイプのドアを開けようとして
最終的にぶち破ったとか
階段まで行くのがめんどくさかったので3階から飛び降りたとかいう伝説の持ち主だった

そしてもう一人、名前からSさんと呼ぶけど
この先輩が俺の初恋の相手で、人生を変える人となる




70:名も無きひじき:2013/05/21(月) 08:31:56.07ID:sWalPxde0
テニス部に入ることになって初めての土日練習で
先輩たちの前で自己紹介することになった
適度な自己紹介を終わらせたあとボーリングに行くことになり
お金的に遠慮したけど先輩達が気を使ってくれて(俺の事情を知ってる小学校の先輩がいた)
ただでボーリングに行くことになった

適当にチーム分かれてそこでSさんと同じ班になった




73:名も無きひじき:2013/05/21(月) 08:40:41.39ID:sWalPxde0
1ゲーム終わったところでトイレにいくと
Sさんがいた

ちなみに見た目的に言っとくとSさんは結構かっこいいと思う
肌は浅黒くて、一重なんだけど目が大きくてまつげ長いから
ぱっちりとした切れ長な印象
歯並びがいいから笑うと可愛いけど、普段は無表情で怖かった
あとすごくいい声してる

トイレで隣の便器に並び、ネコをかぶりながら挨拶した
意外と気さくな印象で初めに抱いていた怖いイメージを払拭できた




74:名も無きひじき:2013/05/21(月) 08:46:30.38ID:sWalPxde0
その時の最後の言葉は今でも忘れられない

(略)
俺「そうなんですよー、だからテニス部選んだっていうのもあるんです」
S「そうなんだ……。おまえさ、」
俺「はい?」
S「何でそんなしゃべり方してんの?」
俺「どういうことですか?」
S「すげー無理してるよね?」

とっさに言葉が出なかった
そんな風に言われたのは初めてだった

S「そういう風なしゃべり方、俺の前じゃしなくていいよ」




75:名も無きひじき:2013/05/21(月) 08:51:03.18ID:sWalPxde0
その日、ボーリングがおわって家に帰ってからも
その後の学校生活でもSさんの言葉がずっと残っていた

その後の部活では隣に座ったSさんに
「心にもないこと言うのってどうかと思うぞ」
と言われたのもますます混乱を増長させた




76:名も無きひじき:2013/05/21(月) 08:56:04.94ID:F1tCs0GqO
Sさんこえぇwww




77:名も無きひじき:2013/05/21(月) 08:56:13.04ID:sWalPxde0
ある日、帰りがたまたま二人きりになった時に
Sさんに
「ほんとに思ってるようにしゃべってみろよ」
と言われた

といってもなかなか簡単にはできなくて
愛想笑いとかしてしまい、怒られた
これは嫌われたなと思っていると
次の日もまた同じように本心のままにしゃべる訓練を
帰り道にさせられた




80:名も無きひじき:2013/05/21(月) 08:59:08.85ID:sWalPxde0
だんだんとSさんの前では本心からの話が出来るようになってきた
キャラとのギャップにSさんも笑っていた

多分もうそのときには好きになっていたと思う
まだ気づいてなかったけど




81:名も無きひじき:2013/05/21(月) 09:03:40.72ID:sWalPxde0
毎日の帰り道が楽しみで仕方なかった
朝、玄関で出会うこともあって
会えなかった日を残念に思ってる自分が気づいた
もしかして初恋なのかとドキドキして、その後そうじゃないことを願った




83:名も無きひじき:2013/05/21(月) 09:09:49.01ID:sWalPxde0
ある日、Sさんが告白されてたという噂が流れた
驚いた、と同時にネガティブな気持ちが生まれていた
帰り道Sさんに直接確かめてみると本当らしかった
ただつきあうということはないらしい
ほっとする中で初恋ということを確信してしまったことを悔やんだ




84:名も無きひじき:2013/05/21(月) 09:17:18.54ID:sWalPxde0
Sさんをすきだと確信してからはだんだんと
接する機会を減らしていった

Sさんはまだ彼女がいたこともなく、キスもしたことのない童貞

片や俺は一回一万円で何回も
名前も覚えてない男の精子を中に出させている肉便器

自分が汚すぎてとてもそばには居られなかった




85:名も無きひじき:2013/05/21(月) 09:20:10.15ID:sWalPxde0
そこからは出来るだけSさんには近寄らないように距離をおいた
そして前よりもっとサポしてもらうようになった
そんな自分がますますいやになる
完全な悪循環だった

そんな中でゴリさんに呼び出された




86:名も無きひじき:2013/05/21(月) 09:24:12.33ID:sWalPxde0
ゴリさんは正直あんまり好きな人ではなかった
というのは多分俺のことを性的な意味で好んでいる気配がしたからで
これは何となくだけど確信に近かった

それでも呼び出された体育館裏の倉庫に行ったのは
言って告白される程度だと思っていたからだった




88:名も無きひじき:2013/05/21(月) 09:27:33.76ID:sWalPxde0
入ると同時に腹を殴られた
俺は当時164センチくらい、ゴリさんは175を超えていたと思う
体格は言わずもがなで俺は理不尽で急すぎる暴力に
かつての母親の恋人を思い出して震えが止まらなくなった




90:名も無きひじき:2013/05/21(月) 09:32:49.54ID:sWalPxde0
ゴリさんはそんな俺を見下ろして、自分のパンツを下ろした
俺の頭を掴んでそのままイラマチオ

何回か光が走ったのを感じてゴリさんを見ると
デジカメで写真を撮っていた

ゴリさんのはそんなに太くないけど長かったので
喉を突いてきて吐き気が収まらなかった
吐いたらもっとひどいことをすると言われて
戻したものをもう一回飲み込んだ




91:名も無きひじき:2013/05/21(月) 09:37:33.49ID:sWalPxde0
唐突に頭を引き離され、学生服を引きちぎるように脱がされた
完全に挿入する気だったけど潤滑剤が何もなかったので
抵抗するとキックが腹にきた




93:名も無きひじき:2013/05/21(月) 09:44:01.79ID:sWalPxde0
ごめんなさい
ちょっと気持ち悪くなったので詳しくはかけません

その後家にぼろぼろの状態で帰った
誰かにいったら写真ばらまくと脅されてて
もともというつもりなんて皆無だったけど
ますますしゃべれなくなった
ケツに出されたのでシャワ浣して寝た
といっても腹が痛過ぎて寝れなかった
結局伯母に頼んだ救急車で運ばれて
肋骨が折れてることがわかった




97:名も無きひじき:2013/05/21(月) 09:50:17.71ID:sWalPxde0
ゴリは結局言うまでもなくばれて鑑別所行き
俺はゴリにボコられただけということになった

2日間だけ入院して、その間にSさんがお見舞いにきてくれた
何故かSさんはゴリが俺のことを好きなことを知っていて
すごく心配してくれていた

その場で号泣してしまって話を上手くできなかったけど
Sさんがありのままの俺を受けいれてくれているから
好きになったんだと気づいた




99:名も無きひじき:2013/05/21(月) 09:54:03.50ID:sWalPxde0
伯母とSさんしか俺がレイプされたことはしらない
そのあとサポはもちろん、エロいこと全般に拒否反応が出るようになってしまった
中1にしてインポにもなった
Sさんはそんな俺を心配してくれて
それが俺に体を売ったことを忘れさせた




122:名も無きひじき:2013/05/21(月) 13:07:51.58ID:Xz2v6ufS0
成宮寛貴って多分ホモだよな
俺の周りのホモの友だちと雰囲気そっくりだもん




131:名も無きひじき:2013/05/21(月) 16:34:53.24ID:sWalPxde0
>>122
素を知らないけどそうだったらしてみたいわ




124:>>1♯庄司:2013/05/21(月) 13:34:21.14ID:OYrNE+9p0
生まれつきなら性同一性障害じゃね?




131:>>1♯庄司:2013/05/21(月) 16:34:53.24ID:sWalPxde0
>>124
それはまた別のもの
詳しくはググってくれね




132:名も無きひじき:2013/05/21(月) 16:35:54.93ID:sWalPxde0
やっちまった




133:名も無きひじき:2013/05/21(月) 16:41:30.99ID:Mp/xQ77wO
庄司wwwドジっ子かwwwwww




134:名も無きひじき:2013/05/21(月) 16:46:12.33ID:1ZyjkC8x0
待ってたよ庄司




136:名も無きひじき:2013/05/21(月) 16:46:21.90ID:sWalPxde0
うん、まあSさんの名前は庄司な
ちなみにこのときくらいから二人きりの時は
庄司君+タメ口で呼ぶようになった




137:名も無きひじき:2013/05/21(月) 16:52:16.39ID:sWalPxde0
知らないうちに自分の気持ちが抑えられなくなっていた
というかここまでの感情を人に対して抱いたことはなかった
ずっと自分を殺して生きてきた俺にとって
本当の意味で生きていけていたのは庄司君の前だけだと思う




138:名も無きひじき:2013/05/21(月) 16:56:27.03ID:sWalPxde0
もっと仲良くなりたい
もっと庄司君のことを知りたい
もっと自分のことを知ってほしい

そう思えば思うほど自分のしてきたことを
なかったことにしていた

俺は中2、庄司君が中3の夏だった
初めて庄司君のうちにいくことになった




139:名も無きひじき:2013/05/21(月) 17:02:44.53ID:sWalPxde0
緊張のしすぎで頭がおかしくなりそうだった

もともと意識をしだしてからは緊張でしゃべろうとしていたことを忘れたり
話しかけられて動揺してしまうことが多かった
話してもいいこと、話したいこと、話したらウケる話を考えてメモ帳に書く癖がついたくらいだった

前日当日とあわせて6時間くらい風呂に入っていて伯母に怒られた
がそんなことは気にしていられなかった




140:名も無きひじき:2013/05/21(月) 17:10:13.91ID:sWalPxde0
肌が痛いくらいの太陽で貯金で買った服に汗がつきそうでいやだったので
自転車で学校まで吹っ飛ばした
予定の時間までは2時間くらいあったけど
念には念を入れた

土日の練習では制服で来ることが義務付けられていたため
あんまり庄司君の私服は見たことがなかったけどどういうのなのか
それを妄想してると後ろに気配を感じた
振り返ると…………誰もいない
反対を向くと目の端に足が見えた
こういうことする人は一人くらいしか思いつかなかった




142:名も無きひじき:2013/05/21(月) 17:16:02.53ID:sWalPxde0
庄司君の服装は思わずガッツポーズしたくなるほどにかっこよかった
身長も肩幅も中学生とは思えないくらいあるから
きっと自分が着ても笑われるような服装でもバッチリ似合っていた

その足で庄司君のうちにいった
まず門からして風格が違った
いかにも金がありそうだった

そのまま母屋には行かず、離れの庄司君の部屋で遊ぶことになった
広すぎてもて余してるらしく、下宿として使っている部屋もあるらしくて
今すぐ大学生になってここに引っ越したいと思った




143:名も無きひじき:2013/05/21(月) 17:21:37.12ID:sWalPxde0
庄司君の部屋はフローリングで思っていたよりきれいで
何より庄司君の香りでいっぱいだった
興奮を抑えるのに必死だった

飲み物とか持ってくるわと言って母屋の方に行った庄司君を尻目に
いろいろ調べたり探したりで堪能した




144:名も無きひじき:2013/05/21(月) 17:25:42.73ID:sWalPxde0
帰ってきた庄司君とはやっぱり中学生として
エロい話をしようと思った
別に嫌らしいことを期待している訳ではなく
照れたり驚いた顔が見たかったのだ

しかしうまくかわされた
別に嫌いなはずではないのに
おかしい




159:名も無きひじき:2013/05/21(月) 22:19:17.88ID:sWalPxde0
かといってエロい話をしましょうというのもおかしい

もうエロいことを話すのはダメなのかもしれない
学校でのキャラだとこういった話は出来ないし
やっちまったかなと思っていた




162:名も無きひじき:2013/05/21(月) 22:25:06.95ID:sWalPxde0
そのとき気がついた
庄司君は俺がレイプされたのを知ってる
だからあえて触れていないのかと
なので相談する形でエロへ誘導しよう!

俺「最近さー」
庄司君「うん」
俺「立たないんだよね」
庄司君「…………あー、大丈夫か?」




164:名も無きひじき:2013/05/21(月) 22:31:32.37ID:sWalPxde0
正直たたないことに関する不安は自分の中でも大きかったので
話してるうちに涙目になっていた
ゲイであることは庄司君にすら、というか庄司君には絶対言えなかったので
そこはうまく隠しつつだけど

その時は男に触られるのも無理になっていて
それを我慢しすぎて吐いてしまったり円形脱毛症になってしまっていた




165:名も無きひじき:2013/05/21(月) 22:40:08.63ID:sWalPxde0
悩んでいることを話すと庄司君に頭を撫でられた
けどそれにすら少しの嫌悪感があることに驚いた
胸がいたくて張り裂けそうで
きっと今ひどい顔をしてるだろうなと思った

とりあえず謝ると「俺の方が配慮たりなかったわ」と謝り返された
病院とかにも特に通っていないことをいうと
少し伯母に怒っていてでもそれはおかしいからと自分がいさめた

だんだん手段が目的化してきていたけど
気づいてはいなかった




168:名も無きひじき:2013/05/21(月) 22:48:01.33ID:sWalPxde0
そのあと、訓練として庄司君の体に触れてみることになった
初めは服越しに肩を、続いて手を握る
この状態で既に涙が出ていた
男に触っているという涙と庄司君なのにっていう涙
3対7位だと思う

無理すんなよと止められたけど
庄司君の体に触れられるというのが嬉しいというのもあったので
やっぱり少しづつ触っていくというのを繰り返した





167:名も無きひじき:2013/05/21(月) 22:47:24.86ID:1AUUdOz9i
ゲイの人って女子高生見てもなんとも思わないものなのか?




170:名も無きひじき:2013/05/21(月) 22:56:05.05ID:sWalPxde0
>>167
俺はなんとも思わんな
でもあのパッションは羨ましいと思うね

その後庄司君から触ってもらうことになった
手を繋いだり頭を撫でられたり普通なら喜びを表すところなのに
それができない自分が情けなかった

でもだんだん慣れてきて手を繋ぐのは何となく出来るようになった
まだ嫌な気持ちが少しはあったけど

それを喜んだ庄司君が抱きついてきて
こいつバカかという間もなく失神した




172:名も無きひじき:2013/05/21(月) 23:04:54.72ID:sWalPxde0
失神してる間にベッドに運ばれてたらしく
目を開けたら顔が目の前にあることにビックリした
しかもその顔が直前まで泣いてたのが分かって申し訳なくなった
かっこいいと思っていたけど、可愛いところもあるのかと感動し
思わずキスしたくなった

というかしていた

知らんうちに唇と唇が触れあっていた

何故か全然嫌悪感がなくて
嬉しくなったので舌を入れようとしたら
引き剥がされた




174:名も無きひじき:2013/05/21(月) 23:09:12.64ID:sWalPxde0
ことの重大さにそのときまで気づかなかったけど
とんでもないことをしてしまったと思った
庄司君も何がなんやらという顔で
結果、見つめあってしまった

そしてすぐに謝って返ってきた庄司君の「初めてだったんだけど」

という言葉にも更に追い詰められた




175:名も無きひじき:2013/05/21(月) 23:16:42.80ID:sWalPxde0
責任重大なことをよりによって俺がしてしまったと
どう謝ればいいのか分からなくて
とりあえずでた「俺も…………」といういつもなら見抜かれるような嘘も
今回は大丈夫だった

この後俺が半泣きで言った「おれのこと、好きにしてください」という言葉で
事態は何と無く収束したものの
このあとうちまで帰り(何故かうちまで送ってくれた)
夜寝るといつも庄司君にキスでいかされるという夢を見るようになってしまった




176:名も無きひじき:2013/05/21(月) 23:26:06.86ID:sWalPxde0
訓練を積み重ねていくことでだんだんと男への抵抗もなくなってきていた
部活の最中に手を繋いだりしてたので
ざわざわさせてしまうことが何回かあったけど
最終的にはみんなに理解してもらえたようだった

夏休みになると先輩たちが引退をして
受験勉強するようになった
庄司君は県下1のところに行きたいといっており
その理由が1番近いからというのがらしいなと思っていた
とりあえず同じ高校に行こうとは思っていたので
適当に勉強していた俺も2年のうちから勉強をし始めるようになった

8月下旬のもう休みが終わりかけていた頃
1本の電話が入った




177:名も無きひじき:2013/05/21(月) 23:28:25.36ID:GUDgVQqzi
いま何歳?




178:名も無きひじき:2013/05/21(月) 23:33:37.92ID:sWalPxde0
>>177
19だよ
まだまだ若いよ

警察からだった
俺は何だかんだで結構警察にお世話になっていて
かかってきたのも知っている人からだった


伯母と伯父が事故
高速道路の玉突き事故で即死だったらしい


驚きはあったけど、悲しみはそんなに感じなかった
それよりも自分の行く末だけが心配だった




180:名も無きひじき:2013/05/21(月) 23:38:05.85ID:sWalPxde0
葬儀は伯父の家の人がすべて執り行ってくれた
そして俺自身について警察と学校の先生と俺で話をすることになった
身寄りがないということでそのままだと施設に入れられることになるようだった
ただその場所は同じ県の南に100キロくらい離れたところで
当然学校も転校しなくてはいけないことになった




181:名も無きひじき:2013/05/21(月) 23:41:14.03ID:sWalPxde0
伯母たちの死よりそっちの方が悲しかった
庄司君と離れたくない
その一心だった

一応いろいろ考えといてくれと警察の人に言われたが
もうほとんど施設に行くことは決定していた

そんななか、庄司君からの電話が入った




183:名も無きひじき:2013/05/21(月) 23:49:31.34ID:sWalPxde0
出た瞬間から鼻の奥がつんとしてしゃべりづらかった
いつもなら小躍りするくらい嬉しいのに
施設行きになれば夏休み中に引っ越すことになるので
もう会えないかもしれない

ことの顛末を話すと庄司君の方から
これからどうするのかと振ってきた

なので、極めて明るく返した
冗談とかも織り交ぜて自分の気持ちをうまく隠した

「無理すんなよ」
この一言で泣いた
庄司君が見破ることのできる人ということを忘れていた
でも本当に泣いてる原因は隠しとおせた




185:名も無きひじき:2013/05/21(月) 23:56:16.33ID:sWalPxde0
その後普通の世間話をしてから電話をきった
さよならと言えなかったことが既に後悔に変わっていた
そのまま寝ているとまた庄司君からの電話が入った




「一緒にくらそう」




186:名も無きひじき:2013/05/22(火) 00:00:33.79ID:sWalPxde0
それが俺のもしもしという言葉と重なった
何をいってるのか分からなくて聞き直した
3回目でようやく理解して
そして驚いた

曰くひとりで親御さんに掛け合ってくれたらしく
その結果、もしよかったら養子として庄司家で暮らさないかということだった




187:名も無きひじき:2013/05/22(火) 00:08:22.72ID:nOCPaYQh0
庄司いいやつ




188:名も無きひじき:2013/05/22(火) 00:12:53.48ID:K1c5Irxt0
その次の次の日に俺は庄司家の敷居を跨いだ
いろいろ手続きをしなければいけなかったけど
そこは気にならなかった
だって庄司くんと一緒に暮らせるんだし!

親御さんは暖かく迎えてくれた
下宿のような感覚で月にかかるお金を効いてみると
「息子としてきてもらうんだからお金なんていいんだよ」と言われて戸惑ってしまった
恥ずかしながらその時はほんとの意味で
家族というものが理解できてなくて
「金以外に何か必要なんでしょうか?」
と聞いてしまった
すごく寂しい目で見られて
そこで自分が今まで体験したことのないものが
他の人にとっては当たり前なんだと気がついた




189:名も無きひじき:2013/05/22(火) 00:16:15.46ID:f1UyknwQO
庄司くれ




190:名も無きひじき:2013/05/22(火) 00:20:13.19ID:KGpOdie70
品川さんの方じゃなくてよかった




191:名も無きひじき:2013/05/22(火) 00:21:44.16ID:K1c5Irxt0
家族みんな庄司君から何を聞いていたのか
もっと素でしゃべってくれていいよと言ってきた
それはすごくむず痒くて初めは苦労したけど
庄司君の家族なので見破りスキルは高かった
少しでも猫を被っているとすぐに言ってくるので
頑張って猫を被らないようにした

だんだん慣れていくと猫を被るのが逆に辛くなってきて
それを庄司君にいうと
「それって家族になれたってことじゃん」
と言われて本当に嬉しかった




196:名も無きひじき:2013/05/22(火) 00:28:14.32ID:KGpOdie70
ミキティーーーーーーーーー!!!!




197:名も無きひじき:2013/05/22(火) 00:29:19.26ID:K1c5Irxt0
家というのは邪魔な大人の目をごまかしながら

ご飯を食べて寝るための場所だと思っていた俺には
庄司家の空気は不思議なものだったけど
心地よいものだった

誰かが作ってくれたご飯をみんなで食べるのが
こんなにおいしくて楽しいことをしらなかった

そしてそんな家族をみて自分の母親をおもいだすことが多くなった




198:名も無きひじき:2013/05/22(火) 00:36:36.91ID:K1c5Irxt0
そっちの庄司やめてくれwwww



母親としても人間としても良いとは言えなかったけど
俺のことを唯一愛してくれた人だったことを思い出した
ご飯を食べてるときだったのでなるべく泣かないように気を付けたけど
あとで庄司君の部屋で泣かせてもらった

夏祭り、文化祭、体育祭、クリスマス、正月といろいろな行事を
庄司君と家族と一緒に過ごせて本当に幸せだった




199:名も無きひじき:2013/05/22(火) 00:41:44.85ID:ze1FFmzf0
つまり血のつながった人は誰もいないと




201:名も無きひじき:2013/05/22(火) 00:52:39.87ID:K1c5Irxt0
>>199
そうです



ほんとに楽しい時間が過ぎていて
逆に怖くなるわーとか思っていた

春休みのある日、庄司君とテレビを一緒に見ていると
ニュースで児童売春についてやっていた
ハッと自分の過去を思い出して気持ちが沈んだ
でもきっと庄司君なら受け止めてくれると思っていた



「気持ち悪いな」



テレビに言ったということは分かっていたけど
それはつまり自分に向けられた言葉であることにも変わりなかった
自分の汚れを忘れていた
むしろもうなくなったものだと勘違いしていた

全然違った
自分の身体中には名前もわからない男たちの精子がこびりついている
それを思い出して吐き気がした




202:名も無きひじき:2013/05/22(火) 01:01:20.26ID:K1c5Irxt0
今までのように接することができなくなることを自覚していたので
なるべくそういった状況に陥らないように気を付けてた

一緒にご飯を食べることも
ゲームすることも
歩くことも
横で笑うことも
名前を呼ぶことすら避けるようになった

自分の気持ち悪さに耐えられなくて
よく吐くようになった
口臭と歯の黄ばみを隠すためにずっとマスクをした

早く死のうと思ったけど
庄司君の受験まで待とうと思った

自分の体を少しでもきれいにしようと
かきむしる癖のせいで全身に血が滲んだ




203:名も無きひじき:2013/05/22(火) 01:03:17.70ID:alVQ4yJUO
うーん やっぱり ヤリマンは 男女問わず苦悩するんだね


言い方悪いようだけど……




205:名も無きひじき:2013/05/22(火) 01:15:08.16ID:K1c5Irxt0
受験の日、自分の机の中に遺書を書いておいた

庄司君を高校の校門前まで送っていった
頑張ってねとか適当な言葉が口から出てきた
応援するという感情すらも汚いと思うようになっていた


ポケットにカッターナイフを入れてあったので
近くの公園のベンチで持ってきた新聞の上で腕を切った

だんだんと意識が薄れてきて
視界が白くなってきた

いろいろ考えることがあった
自分の人生何だったんだろう?とか
何が間違ってたのか?とか
庄司君高校受かるかな?とか




210:名も無きひじき:2013/05/22(火) 01:26:16.24ID:K1c5Irxt0
気がついたら病院で寝ていた

ドラマとかで「ここはどこ?」とかいうのは嘘だなと思った

頭が痛くてもがいていると名前が呼ばれた
目が覚めた時に隣に誰かいるというのはドラマだけじゃないみたいだった

しかもそれが庄司君だったので思わず笑ってしまった
それに対して庄司君は真顔だった
そして殴られた




212:名も無きひじき:2013/05/22(火) 01:33:57.44ID:jj//D/+40
釣り臭いな
養子とかそう上手くいくもんじゃなさそうだし、カッターナイフ程度の傷ならぬるま湯にでもつけなきゃ意識が飛ぶほど出血しないんじゃないかな
まぁ面白いから全然構わないけどw




214:名も無きひじき:2013/05/22(火) 01:36:32.62ID:K1c5Irxt0
>>212
省いたけど養子になるのに一年以上たってる
カッターって言ったけどみんなの想像してるやつより
もっと凶悪なやつを使った




213:名も無きひじき:2013/05/22(火) 01:34:30.25ID:K1c5Irxt0
人から暴力を受けるのは久しぶりで普通に泣いてしまった
庄司君も泣いていた
俺たちはにらみ合いながらずっと泣いていた

どれくらいそうしていたかわからないけど
看護師さんが入ってきて庄司君はそこで退場した

次にあったのは退院したときだった
家に帰ると疲れた雰囲気のみんながいた

腫れ物にさわるような扱いで自殺の失敗を悔やんだ




216:名も無きひじき:2013/05/22(火) 01:46:58.21ID:K1c5Irxt0
部屋で未開封の遺書を見つけた
あとで読んでみると何で死ぬのか
などに全然触れていないダメな遺書だと思った

少しの間寝ているとおじさんに呼ばれた
遠回しに自殺の理由を聞かれたが答える気にならなかった

もう死ぬ気はなかった
だからこそ、けじめはつけなきゃいけないと思った
家族としてはもういられないと思い今までの貯金を全部渡した

「まだ養子縁組みできていないし、その金でこのうちにいさせてください」

と土下座した
このうちにいる限り迷惑をかけないことを約束した

たぶん納得してなかったと思うが
きっとまた説得するつもりだったんだと思う
おじさんは了承してくれた




218:名も無きひじき:2013/05/22(火) 01:52:33.21ID:K1c5Irxt0
部屋に帰ると庄司君が待っていた
殴られたのを思い出して体がすくんだ
顔をみるだけで泣きそうになった
殴られたことだけじゃなくてもう存在自体に恐怖を覚えるようになった

庄司君が近づいてきたのを見て普通に逃げた
全力ダッシュで泣きながら
でもあっちの方が足が早いので捕まり
そして殴ったことを謝られた




219:名も無きひじき:2013/05/22(火) 01:58:25.48ID:K1c5Irxt0
それで少しは落ち着いたけど
今度は触られてることがすごく気になった

体が震えて止まらない
庄司君が汚れてしまうことが嫌すぎて涙が止まらなかった
それに気づいたのか庄司君は手を離してくれた

すぐにトイレに走って吐いた
追いかけてきた庄司君が背中をさすってくれたけど
吐き気が増すだけなので払いのけた




220:名も無きひじき:2013/05/22(火) 02:04:29.99ID:K1c5Irxt0
気が付くと庄司君が泣いていた
「何で自殺しようとしたんだよ」
「俺のこと嫌いなのか」

こんな庄司君は見たことなくて戸惑うしかなかった

でもこの姿が俺に自分のことを話させるきっかけになった

気持ち悪がられてもいいと思った
こんな風に庄司君を苦しめている自分の方がよっぽど問題だと思った




222:名も無きひじき:2013/05/22(火) 02:10:06.15ID:K1c5Irxt0
おじさんとおばさん、庄司君を呼んで話をした
自分がゲイであること、小さい頃にもレイプされたこと、援交をしていたこと、その他のこともすべて話した
ただ庄司君への好意だけは隠した

すべて話したあと、やはり死んだ方がいいのではないかと思った
それはこの人たちに委ねるべきだと思った




223:名も無きひじき:2013/05/22(火) 02:13:33.05ID:K1c5Irxt0
そう思っていることを言うと泣かれた
そんなこと思うわけがないと叱られた

結局精神科へ通院しながら普通の生活に戻ることになった




226:名も無きひじき:2013/05/22(火) 02:19:50.25ID:K1c5Irxt0
受け入れてくれたことで何となく感覚も変わって
さわられることに抵抗はそんなになくなってきていた

その代わりすぐに寂しくなるようになってしまい
うちの中でもいつも誰かと一緒にいるようになった
庄司君とは前よりもっと仲良くなっていたと思う
帰ってくるとゲームとか漫画とか勉強とか
とりあえずずっと一緒にいるようになった




230:名も無きひじき:2013/05/22(火) 02:29:24.23ID:K1c5Irxt0
庄司君のことがますます好きになっていってた
でもその気持ちを止めなければという思いの方が強かった

オナニーで気持ちを発散したくても未だにインポなのでできなかった




231:名も無きひじき:2013/05/22(火) 02:36:25.53ID:K1c5Irxt0
秋になって庄司君の学校の文化祭にいった
なかなか力をいれているので楽しかったが庄司君が途中で呼び出された

ついていくと特設されたステージで女の子がたっていた
そこそこかわいいと思う
嫌な予感しかしなかった

その女がステージの上から
「ずっと好きでした!付き合ってください」
と叫んだ

もう涙目になっていてどんだけすきになってるんだと呆れた

結局庄司君はその子からの告白を断った
曰く好きでもない子とは付き合えないらしい




233:名も無きひじき:2013/05/22(火) 02:42:03.44ID:K1c5Irxt0
ゲイの嫌なところはノンケに恋した場合、吹っ切る方法が少ないことだと思う
告白することはリスクが高い

ましてずっととなりにいても飽きるどころか
ますます惚れさせる男なら簡単に吹っ切るのは無理だと思う

だからあえて告白することにした




235:名も無きひじき:2013/05/22(火) 02:47:17.69ID:K1c5Irxt0
おじさんとおばさんは共働きで
夜どちらも家を空けるときがある
そのタイミングで告白しようと考えた

夜、お風呂入った後に季節外れのホラーを一緒に見た
作戦ではキャーコワーイイッショニネテーって感じになるはずだったのが
ガチで怖すぎて一言も言葉を発することができなかった




237:名も無きひじき:2013/05/22(火) 02:52:48.41ID:K1c5Irxt0
こういうときに何故か意地悪をしてくるのが庄司という男で
トイレの電気を消したり、怖い話をしてきたりとまさに傍若無人の振る舞いだった

何も言わず同じ布団で寝ていると
「大丈夫か?」と聞かれた
俺にさわることにいまだに気を使う
そういう優しいところも意地悪なところも好きだなと思った

「あのさ…………」
自分でも既に涙声なのが分かった
庄司君の前だと他の人より10倍は涙腺が緩んでいた





236:名も無きひじき:2013/05/22(火) 02:52:41.25ID:Jf0hR3m7O
>>235
何観ればそんなに怖くなれるんだよw




238:名も無きひじき:2013/05/22(火) 02:59:56.95ID:K1c5Irxt0
>>236
呪怨とか着信ありみたいな有名タイトルだった


たぶん「あの…………」っていうの7回くらい繰り返してたと思う
そしてそのあと


「すきだ!つきあってくれ!」


ここまで言い切ってものすごい後悔した







「ごめんね」



そう言われるのは分かってた
だからそう言われる覚悟もしてた
それでも悲しい気持ちが止まらなくて
庄司君が抱きしめてくれる優しさが辛かった




239:名も無きひじき:2013/05/22(火) 03:04:17.03ID:K1c5Irxt0
その後俺たちの関係は変わらなかった
というわけではなかった

どうやら庄司君は全然俺に好かれていたことに気づいていなかったらしく
前よりも優しくなってきた気がした

俺もそれが嫌じゃなくて
ちょくちょく一緒に寝たりしていた




242:名も無きひじき:2013/05/22(火) 03:10:46.73ID:K1c5Irxt0
ある日、一緒に寝ようと布団に入ると頭をつかまれた
そのまま顔が近づいてディープキスされた

あまりのことに驚いてると庄司君が服をはぎとって
俺のを口で弄びはじめた

気持ちよすぎてすぐにいってしまった




244:名も無きひじき:2013/05/22(火) 03:12:39.97ID:nOCPaYQh0
みきてぃぃぃいいぃい....ぃぃい!!




245:名も無きひじき:2013/05/22(火) 03:13:41.11ID:I0r+mQpyO
まさかの...!




253:名も無きひじき:2013/05/22(火) 03:19:05.30ID:K1c5Irxt0
一緒に寝て見てしまった淫夢らしくて
大きな声で寝言をいう俺を庄司君が心配してくれたらしい

が、それを分かっていなかったので嬉しくて
起き抜けに思いっきりディープキスをしてしまった

途中で気がついてやめた




257:名も無きひじき:2013/05/22(火) 03:24:49.06ID:K1c5Irxt0
過去最大級に気まずくて土下座して謝ると
「初めてだったんだけど」
と前も聞いたことがある台詞をいわれた

謝り倒して許してもらったあと
また寝ようとするとふとパンツに違和感を覚えた
見ると、てか嗅ぐと完全に夢精していた
そして勃起するようになっていた!





256:名も無きひじき:2013/05/22(火) 03:24:33.48ID:FvRuPy2MO
どこからが夢!




261:名も無きひじき:2013/05/22(火) 03:30:05.69ID:K1c5Irxt0
>>256
だけだよ


嬉しかったけどとりあえずすぐにパンツを片付けてまた一緒に寝た
寝るときにもう一回謝ると
「別にいいよ、そんなに嫌じゃなかった」
と許してもらえた




262:名も無きひじき:2013/05/22(火) 03:31:18.32ID:fhPnN6ST0
ゲイに告白されて断ったけど一緒に寝るとかどういうことなの




264:名も無きひじき:2013/05/22(火) 03:40:16.40ID:K1c5Irxt0
>>262
あんまりそこら辺の意識がなかったんじゃないのかな


朝起きると庄司君に勃起してよかったなと誉められた
嬉しいけど恥ずかしさが半端でなかった

その日の夕飯が赤飯だったのもまた恥ずかしさを倍増させた




267:名も無きひじき:2013/05/22(火) 03:44:42.62ID:K1c5Irxt0
立つようになってからは恋愛感情が性欲とスクラム組んでくるようになった

いちいち庄司君の仕草とかがエロくみえて
我慢するのに必死だった

一緒に寝るのをなるべくやめるようにした
庄司君とセックスしたくなるのを抑えようとしても
どうしても考えてしまう




268:名も無きひじき:2013/05/22(火) 03:50:11.68ID:K1c5Irxt0
庄司君からいっしょに寝る誘いが多くなるくらい
寝るのを控えるようになった頃におじさんとおばさんが両方いない日があった

二人でアニメを見ながらついうとうとしてしまい
気が付くと庄司君のベッドで一緒に寝ていた




269:名も無きひじき:2013/05/22(火) 03:53:55.07ID:K1c5Irxt0
自分の布団に戻ろうとすると
庄司君にガッチリとホールドされた

「最近何でいっしょに寝ようとしないのか」
と聞かれたけど
ムラムラするからだとは言えない

そのまま黙ってるとだんだん顔が近づいてきた




271:名も無きひじき:2013/05/22(火) 04:01:51.38ID:K1c5Irxt0
下手くそなキスだったけど
今までのキスのなかで一番気持ちよかった

5分くらいつづけて口が離れたときには
口のなかが庄司君の味だった



「好きだよ」



すごくいい声でそういわれたけど
ほんとに自分にいったのか分からなくて
もっかい言ってもらった




276:名も無きひじき:2013/05/22(火) 04:10:01.89ID:K1c5Irxt0
そこからは明け方までずっと起きていた
つながるのは大変だったけどすごく気持ちよかった


朝起きるともしかしてまた夢を見ていたのかと思った
とりあえず歯磨きしようと立ち上がろうとしたら
またガッチリホールド→キスされた

そしてまたいたした




277:名も無きひじき:2013/05/22(火) 04:12:50.88ID:K1c5Irxt0
以上で俺たちの話は終わりです
途中で何回も寝ちゃってすみませんでした

なにか質問あったらどうぞ




280:名も無きひじき:2013/05/22(火) 04:17:41.76ID:U5IUxSJy0
>>277
幸せになってくれ




284:名も無きひじき:2013/05/22(火) 04:20:28.82ID:K1c5Irxt0
>>280
ありがたす




278:名も無きひじき:2013/05/22(火) 04:13:41.06ID:KGpOdie70
>>1乙
今はミキティーーーーーーーーーーとどんな感じ?




279:名も無きひじき:2013/05/22(火) 04:17:37.38ID:K1c5Irxt0
>>278
ミキティいうなやww
今は東京で二人暮らししてるよ
大学生です




281:名も無きひじき:2013/05/22(火) 04:19:26.43ID:xio3UhbM0
庄司の器のデカさよ・・・いい男だな

庄司の両親はそういう関係になったって知ってるんか?




288:名も無きひじき:2013/05/22(火) 04:24:44.71ID:K1c5Irxt0
>>281
続いてます
ばれたというか自分達で言いました
おばさんはどちらの好意も見抜いてたらしく
好きなのは仕方ないってことで容認してもらった
自分の見た目はショタっぽい感じなのかな?




282:名も無きひじき:2013/05/22(火) 04:19:39.33ID:ndPJuONQ0
法律上は、兄弟?




285:名も無きひじき:2013/05/22(火) 04:21:20.12ID:K1c5Irxt0
>>282
そう言うことになると思う




283:名も無きひじき:2013/05/22(火) 04:20:04.95ID:Jf0hR3m7O
今も庄司と続いてるの?
庄司のご両親にバレてないのか?
中学で男にレイプされるなんてそれほど1は可愛い方?




288:名も無きひじき:2013/05/22(火) 04:24:44.71ID:K1c5Irxt0
>>283

続いてます
ばれたというか自分達で言いました
おばさんはどちらの好意も見抜いてたらしく
好きなのは仕方ないってことで容認してもらった
自分の見た目はショタっぽい感じなのかな?




286:名も無きひじき:2013/05/22(火) 04:22:34.09ID:3b8Rh+J50
欝オチでなくて本当に良かった
どうか幸せになってくれ




289:名も無きひじき:2013/05/22(火) 04:25:23.43ID:K1c5Irxt0
>>286
聞かれた時に答えるか迷ったけどあえてやめといた




287:名も無きひじき:2013/05/22(火) 04:22:51.29ID:KGpOdie70
庄司との関係を知ってる人いんの?




290:名も無きひじき:2013/05/22(火) 04:25:57.82ID:K1c5Irxt0
>>287
彼氏がいるっていうことは大学で公言してる




291:名も無きひじき:2013/05/22(火) 04:27:26.46ID:FB/mvCj80
いちおつ
お幸せに~




293:名も無きひじき:2013/05/22(火) 04:30:27.14ID:K1c5Irxt0
>>291
ありがとう




292:名も無きひじき:2013/05/22(火) 04:29:35.81ID:ndPJuONQ0
ずっとラブラブ?
ケンカとかしたことある?




295:名も無きひじき:2013/05/22(火) 04:31:16.81ID:K1c5Irxt0
>>292
俺が怒る→なだめられる→セックス
だいたいこの流れだね




294:名も無きひじき:2013/05/22(火) 04:31:07.62ID:Jf0hR3m7O
一度は断った庄司なのにどういった心境の変化なんだろ?
庄司はホモじゃないだろ?




298:名も無きひじき:2013/05/22(火) 04:33:57.59ID:K1c5Irxt0
>>294
バイになるのかな
男が女を好きなのは男は女を好きなものだと思ってるかららしい
他の価値観が入ればまた変わってくるし
好意の返報性というのがあってさ
詳しくはググって




296:名も無きひじき:2013/05/22(火) 04:32:09.13ID:+vzICZTC0
幸せそうで良かった!
まだこれからいろんな困難があると思うけど、2人で乗り越えられたらいいな。
ありきたりな事しか言えないけど。




297:名も無きひじき:2013/05/22(火) 04:32:55.64ID:u0UhMA8m0
>>1よかったな!
いつまでも仲良く、いつまでもお幸せに




299:名も無きひじき:2013/05/22(火) 04:43:37.65ID:ndPJuONQ0
1は庄司君のおじさんとおばさんのことどう思ってる?




300:名も無きひじき:2013/05/22(火) 04:49:13.10ID:K1c5Irxt0
>>299
ほんとに大切な人達だよ
あんまり書いてないけどいろいろと助けられた




302:名も無きひじき:2013/05/22(火) 04:57:42.36ID:ndPJuONQ0
いろいろあったけど、
今はすごく幸せそうだね。
これからもお幸せに!




303:名も無きひじき:2013/05/22(火) 06:21:01.21ID:I0XJu2NW0
おつかれ!
良かった!ほんわかした!




304:名も無きひじき:2013/05/22(火) 07:21:33.06ID:RbHZnFPY0
よかった。お疲れ様でした。お幸せに!




318:名も無きひじき:2013/05/22(火) 20:37:15.70ID:w0g9gh5ui
完結してた!
鬱エンドにならなくてよかった(´;ω;`)
幸せになれよ!





アフィリエイト

ハッピーメールバナー

※無料サイトを複数登録して、ピュア掲示板書き込みがポイント!
↓登録料無料の厳選サイト

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。